スッキリ!ドキッと!?

おはようございます☆

 

昨日の朝、子供と遊びながらスッキリを観ていると、スッキリTOUCHというコーナーで『もう一度働きたい!ママ達の再就職』というものをやっていました。

 

内容は、46歳専業主婦の方が子供が少し大きくなって手が離れてきたので正社員での再就職を目指す姿に密着したものでした。

この方は、短大卒業後商社に就職し事務職として働き、29歳で結婚を機に退職。

同窓会で25年ぶりに会った同窓生達の中で、子育てしながら正社員として働く人、もう一度学ぶために大学へ行く人を目の当たりにする中で、妻、お母さんとして日々感じ始めた物足りなさがあったそう。

旦那さん、2人のお子さんの理解、支えもあり就職活動をしていくが中々上手くいかず、やっと面接まで行っても現場が求めているのは即戦力で不採用。

14社に応募したけど13社がダメで、残りの1社はアプローチの仕方を変更。派遣会社に登録し、正社員は一旦諦めてまずは働いてスキルを身につけようとのことだった。後日会いにいくと、働くことがとても楽しそうで、自分の可能性、道がいろいろあるんだとわかって楽しみと語っていました。そのほかにも、ママ達を正社員として採用する会社とそこで働く2人のママさん。

 

このテレビをみてキラキラ働いているママさんを素敵だなと思う一方で、ちょっとドキッと!?もやもや!?してしまった自分がいました。

 

私も今は専業主婦。

妊娠前までは専門職の資格を持ち働いていましたが、妊娠9カ月で仕事を辞めました。

子供が幼稚園に入園し、この9月から復職することに決めました。

 

仕事をしないで子育てをして毎日子供の成長を見守れる事はとてもありがたい事だし、とても贅沢な事なのもわかってる。

でも、子育てをしていて、専業主婦なんだから毎日家事育児をやって当たり前。

お金をもらえるわけでもない。

なんとなく旦那さんに養ってもらっているという負い目。

そして社会に置いていかれる、世界が狭くなっていく恐怖を感じる事が多々ありました。

 

これは私の感じ方だから、専業主婦(主夫)の方がみんな感じてるわけじゃないだろうし、自分とパートナーとの、家族との関わり方次第なのかもしれません。

 

仕事をして家族を養ってくれる事への感謝、家で家族を見守ってくれる事への感謝、お互いがおもいやりの気持ちが持てればもやっと感は解消されるのかもしれないけど。。。

 

そしてもっともドキッと、もやもやさせられたのは、密着された主婦の方が即戦力を求められ面接で落とされた後に言っていた言葉。

『直近の私のスキルはなにもない』

私も同じ事を思ってたから。

 

確かに私の最近のスキルは家事育児しかない。もちろん家事、育児ができることはとても凄い事だと思う。

でも、社会に出て働く上で評価されるかと言われると。。。仕事の中には家事育児のスキルを求めているところもあるかもしれないけど、私自信の家事は仕事としてお金を要求出来るようなレベルではないと思うし。

育児をしてきたけど、保育士の資格があるわけじゃない。

そしてパソコンが得意なわけではない。

私には資格があったから何もないわけではないのかもしれないけど、それでもブランクを考えると何もないと思ってしまう。

 

社会に出て仕事をするとそれに対して評価がされ、お金がもらえる。それが必ずしも仕事に見合った評価とは限らないかもしれないけど。

専業主婦(主夫)って仕事かっていわれるとちょっと違うのかなと思う。

評価されるものでもお金がもらえるものでもないから。

専業主婦ってなんなのかなと考える中、でも、もしそんな中パートナーの方がいなくなって自分1人で子供を育てる事になったら。主婦業が落ち着いて、いざ働きたいと思ったら、何もないって怖いなぁって思いました。

 

昔は子供が産まれたら男の人は外で働いて、女の人は家を守る事が多かったかもしれない。

f:id:junmoko:20180821094855g:image

〈出展元:内閣府男女共同参画局 平成26年度版男女共同参画白書 共働き等世帯数の推移より〉

 

私が生まれた1980年代は専業主婦世帯が多かったけど、今ではそのグラフが逆転。

共働きが増えた理由として

・旦那さんだけの収入ではやっていけない

・奥さんも働いてやりがいをみつけたいから

・収入源が2つあった方が良いから等様々だと思います。

 

まだまだ働きづらい世の中かもしれないけど、TVで観たように専業主婦だった方、シングルマザーだった方の正社員雇用など、徐々に女の人も社会に出やすいようになっているのかもしれないですね。

 

ちなみに男性の育休取得率は平成28年度で3.16%だそう。

なかなか育休が取りたくても取れる雰囲気じゃなかったり、仕事が休めなかったり、休んでしまうと経済的にも大変だったりとかあるんだろうな。

 

『何もない』にドキッとした私は自分の生き方在り方を考えさせられました。

自分のスキルを磨こう。自分のスキルを身につけよう。

 

そして、外で働いてるパパもママもシングルで働いてる方も、皆が働きやすい世の中に、専業主婦の方でも自分の力で道を開いていける世の中に、どんどん変わっていけば変えていければなぁと思いました。